Saturday, March 23, 2013

ご迷惑おかけしました。

ただいま戻りました。

今月3日の日に、「父ちゃんが倒れた。」と、

家族から連絡を受け、ダッシュで地元に帰りました。

病院に着くと、家族、親戚一同が集まっていて、

父ちゃんは、意識もない状態でベットに寝ていました。

顔を合わせる度に、やれ

「男がピアスなんかすんじゃねー!」だの、

「頭刈り上げてこい!」だの、

「チャラチャラすんじゃねー!」だの、

なんかしらケチをつけてくる、あの父ちゃんが、

しゃべることも出来ずに呼吸器をつけられ寝ていました。

信じられなかったけど、それが現実でした。

それから、1週間、家族で付っきりで病院で寝泊りの

生活が続きました。状況は良くなることも無く、

病院に寝泊りする生活にも慣れてきて、

長引きそうだなーと思っていた、ちょうど1週間後、

一度も目を開けることも無く、父ちゃんは

天国にイってしまいました。

衝撃的でした。

それから、葬式だのいろんな手続きだの、

悲しみにくれる暇などなくバタバタでした。


僕には2人の弟がいるんですが、病院で看病した1週間、

夜通しで色んな話をしました。昔の話や、これからの話。

兄弟3人揃って、そんなにゆっくり話す機会もなかったので、

そう考えるといい時間だったと思います。

絆みたいなのも深まった気がするし、僕にとっては、

やっぱ、最高の弟達です。

そんな弟達と、「最後ぐらい父ちゃんが喜ぶコトをしよう。」

ってコトで、3人で坊主にして、御通夜、葬式に望みました。

せっかく伸びてきてたのに。。。


あんなにうるさかった父ちゃんだったのに、いなくなってみると

そりゃあ寂しいもんでございます。

怒られてばっかりだったけど、いい父ちゃんだったな~

としか、思えません。


こんなコトがあると、色々と先のコトを考えてしまいますが、

弟2人がしっかりしているので、そこはもうちょい甘えて、

このまま、イケるとこまでイカセテもらおうってコトで、

これまで通りです。


そんなワケでございまして、だいぶ遅れをとってしまいましたが

これを挽回すべく頑張りますので、これからも

宜しくお願い致します。

今、お預かりしている皆様へは、仕上がりしだい順に

ご連絡させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

そして、みなさま優しいお言葉、本当にありがとうございました!


いろいろとありすぎて、何て言っていいのかよくわかりませんが、

ありがとうございました。ってコトと、

これからも宜しくお願いします。ってコトが

言いたいです。


あと、皆様も、お体をお大事に。ってコトと、

ご両親、家族や、大切な人を、大切にするってコト。


お前に言われるまでもねぇ。って感じですね。


そりゃ、ごもっともでございます。。。


あ、あと、父ちゃんアリガトウ。お疲れ様でした!!

No comments:

Post a Comment