Saturday, July 6, 2013

ボク、塗装屋です。



こんばんわです。

恥ずかしくなっちゃうので、自分のブログを読み返すってコトは

あんましませんが、たまには読み返して見ることがございます。

その時、思います。


「ナンダ、コレ?」と。。。


読んで頂いてる方々が、どんな目線でみてるか解りませんが、

ボク、塗装屋です。

そんなワケで、宜しければお仕事お待ち申し上げております。



って書いた後にナンではございますが、、


塗装屋がタトゥーの雑誌にノッケテもらったとこでアレなんですが


ノッケテもらえるもんには、乗っかっとこう精神に基づきまして、

ノッケテ頂きました。

撮影は2月にプルプルしながらやったので、

タイムラグがございますが、あの取材から、この文章、

雑誌社の方の文章力、ハンパねぇっす。

見習いたいものでございます。。


そして、前のページに目をやると、SLAP STICK TATTOO。

尊敬する先輩の次のページにのっかれて、光栄でございます。

んで、また勝手に運命を感じちゃってます。

そんな尊敬する先輩から、

「アメリカ行ってる間に塗っといて。」と、頼まれた棚。


ビホォーの写真は撮り忘れましたが、普通の白い棚。

「マイクのベスパ的な感じで。」ってなコトでございましたので、

こんな感じに。。


木が錆びるってのはオカシイので、塗ってはゴシゴシ、

塗ってはゴシゴシを繰り返しまして、

タカユキさんがアメリカ行ってる1週間の間に、

コノ棚に何十年もの歴史を刻み込んでやります。

(っていう心意気でやってるって話。。)


ビンテージ家具に見せるのに、キレイなステンの取っ手は

ちょいとイタダケナイノデ、


黒い鉄が錆びてる様な感じで。。

コノ中に、「いったい総額ナンボなんだ?」ってぐらいの

タトゥーマシンが並びますので、ただボロいだけじゃなく、

衛生面も考えてやっております。

よく触るであろう部分は艶消しのクリアーでとめてあるので、

ボロボロ落ちることはないし、マシンが並ぶところは、

塗り分けてあるので、至って清潔でございます。

どうぞ皆様、安心して彫り彫りされて下さいませ。


ボロッボロだけど、スルルルルゥ~っと出てくる引き出し。

仕事で使うって場合は、なおさらコレ大事。実用性。。

そりゃホンモノには叶わないかもしれませんが、

ボクは、こうゆうの、好きです。。


うへへ。ご期待下さいませ。

タカユキさん、ありがとうございます!!



んで、また?って感じではございますが、マイパン。


舞い上がっちゃって、塗装屋のくせに、

塗装をフューチャーしてなかったんで、、、


コレもテカテカではなく、ほんのりエイジングしてあります。

ホドホドな感じと言いますか、そんな感じ。。


下地、ベース、マスキングまで終わらせて、

アロラン持ってってモクモク。


エアブラシじゃ出せないコノ感じが、お気にいりでございます。


そんなこんなでございまして、塗装と言えば、、、



「あ。」


っと思い出してもらえる様、たまには塗装屋アピールもしつつ、

ボチボチ発信して参りますので、

皆様方には、ボチボチの受信と、たくさんのオーダーを

宜しくお願いしたい所存にごじゃります。。。

No comments:

Post a Comment