Sunday, September 8, 2013

自然に。自然に。



こんばんわです。

お客さんから学ぶコトっていっぱいありますが、

コレは特にそれを感じた一台でございました。


コチラの価値ある外装一式をお預かりしまして、

通なオーナー様と、色々とお話をさせて頂き、

「塗膜は薄く。」ってコトと、「自然にヤレタ感じ。」

ってコトを最大のテーマにやらせて頂きました。


まず、ボッテリしてクタクタの塗装を、剥離、ブラスト致しまして、

スッピンにいたします。


基本、状態のいいパーツが集まったっていうテイで、

進めさせて頂きましたので、補修も出来るだけ薄くを

テーマに最小限で。。


裏側も手抜きはしません。


剥離、ブラストだけでも、中々の強敵です。


全バラにしたいトコではございますが、

もし、やらかしちゃったら、弁償しきれないので、

オーナーさまと、ココはばらす。とか、このままとか、

話し合って決めます。


オリジナルっていうのも、なかなかのプレッシャーでございます。


何十年も前のモノってコトを考えると、

程度が良いんだか、悪いんだか、よくわかりません。。


もちろん裏側もキレイに。


パテも出来るだけ薄く済むようにやらせて頂きました。

ここから、サフェの段階の写真撮り忘れてしまいましたが、

ヤレ具合も、オーナー様と何度か相談しながら、

最終的に、こんな感じに。












わざとらしくなく、チープな感じに出来たんじゃないかと

思っております。

エイジングも、賛否両論あるとは思いますが、

ボクはかっこいいと思うし、仕事なので、

ない知恵しぼってやらせて頂きます。

そんなワケでございまして、

お客さんからも勉強させて頂きながら、一歩ずつ前へ。。

今後とも宜しくお願いいたしまくります。




No comments:

Post a Comment